下半身ダイエットに良い食事

下半身ダイエットに良い食事
 
普段の食生活を見直し、ダイエットに向いた食事にすることは、下半身のダイエットでもポイントになります。
 
食事をどのように見直すことで、下半身のダイエットが可能になるでしょう。
 
 下半身太りの理由は様々ですが、その一つがむくみです。
 
人間の体に欠かせない塩分に含有されているナトリウムは、水分の保持を促します。
 
ですから、下半身ダイエットをしている人は、特に塩分の摂りすぎはおすすめできません。
 
下半身が太く見える理由に、セルライトがあります。
 
セルライトが増加する要因にもナトリウムは関係していますので、塩分は少なくした方が無難です。
 
体内にナトリウムが過剰にならないように、野菜や、果物を意識して摂取します。
 
カリウムの多く含まれている野菜や果物を摂取することで、ナトリウムを体から出せるようになります。
 
カリウムの多い野菜類や、フルーツ類を補給することによって、ナトリウムを排出し、下半身ダイエットの効果を高めることが可能です。
 
酵素の存在は、代謝を高めるためにはとても大事です。
 
ビタミンやミネラルの不足によって酵素の機能が十分に動かないと、血液やリンパの循環が停滞し、脂肪が使われづらくなります。
 
ビタミンを補給したい場合は緑黄色野菜、ミネラルを補給したい場合は海藻類がいいでしょう。
 
下半身ダイエットをしたい人は、緑黄色野菜や海藻類を、どんどん食事で摂るようにするとダイエットに効果的です。
 
質のいいたんぱく質を摂取して、脂質の多い食事やカロリーの高いおやつを食べ過ぎないようにすることが、下半身太りの防止になります。
 
日々の食事内容をダイエット用にシフトすることで、下半身を細くしていくことができます。
 
 

下半身ダイエットと骨盤のゆがみ

下半身ダイエットと骨盤のゆがみ
 
下半身の骨格にゆがみやずれがあると太りやすくなるため、ゆがみを正しい状態にするというダイエットがあります。
 
ダイエットの効果が出やすい体質になるためには、骨盤の歪みを直すことで、内臓をあるべき場所におさめることです。
 
歪みやずれのない骨盤にすることと、適切な運動をすることが、下半身をシェイプアップさせるためには必要です。
 
 
自分の骨盤が歪んでいるかどうかを、簡単に調べる方法があります。
 
目を閉じて、その場で足踏みを50回します。
 
高く足をあげること、手をしっかり振りながら行うことがポイントです。
 
もしも骨盤に歪みがある場合は、足踏みをし終わった時点で、足の向いている方向が、最初の状態とは異なっています。
 
骨盤のずれを正し、下半身の状態を改善することが、下半身ダイエットのコツになります。
 
骨盤の歪みを矯正する、家庭でできるストレッチがあります。
 
エクササイズ名は、四股立ちといいます。
 
まっすぐ立ってから、腰を真下に下ろします。
 
膝は開き気味に、両手はひざの上です。
 
下半身の状態が整ったならば、右なら右、左なら左の肩を斜め前に向けます。
 
肩を交互に斜め前に入れますが、足がふらふらするようであれば、股関節が弱っている証拠です。
 
自然と上半身が前傾状態になってしまう人は、歪みが出やすい体です。
 
四股立ちは家庭でも簡単にできるエクササイズですので、骨盤の歪みを正し、下半身の効果的なダイエットに活かしてください。
 

下半身を引き締めるには!

下半身ダイエットとウォーキング
 
ダイエットに取り組む人の何割かは、下半身を引き締めて見栄えの良いスタイルになりたいと考えています。
 
プロポーションを整えたいという人は、下半身のシェイプアップがおすすめです。 
 

 

 適度な運動が、下半身のダイエットには欠かせません。
 
日々のウォーキングが、下半身を効率的に引き締めることができる簡単な方法です。
 
体内に蓄積された脂肪を速やかに燃やすには、ウォーキングはとてもいい方法です。
 
脂肪を燃焼させることで、下半身のダイエットをすることができるのです。
 
下半身のダイエットを目的としてウォーキングを行うのあれば、「ダイエットを意識したやり方」が必要になります。
 
ダイエット向きのウォーキングをすれば、体脂肪が速やかに燃焼していきます。
 
下半身の脂肪を燃やせるウォーキングをするには、まず、腕をしっかり振って歩くことです。
 
体内の脂肪をスムーズに燃やすためには、腕を大きく前後に振りながら歩き、体の中で使う筋肉の場所を増やすことです。
 
ウォーキングによって使う筋肉が多ければ、必要となるエネルギー消費量も増えます。
 
体内に蓄積されている脂肪を使うには、腕を振りながらのウォーキングがおすすめです。
 
すっきりとした下半身を手に入れたいのであれば、短すぎるウォーキングではあまり効果を得る事ができません。
 
長時間のウォーキングを心がけることも、ダイエット時には大事です。
 
目安として、一回に20分以上のウォーキングをすることが、下半身ダイエットの結果につながります。
 
 

水を飲むだけで簡単にできるデトックスダイエット

成功者はお茶でもなく、コーヒーでもなく、いつも「お水」を飲むと言われていますが、最近、お水をたくさん飲む「デトックスダイエット」に、関心が集まっているようです。
 
でも本当に、水を飲むだけで痩せられるのでしょうか?
 
実は、漫然と水を摂取していれば痩せるというわけではありません。
 
デトックス効果のある飲み方は存在します。(・∀・)
 
 

 

生命を維持するためには、水は不可欠なものです。
 
水を飲むといっても、水には井戸水、水道水、精製水など様々です。
 
ミネラルウォーターは、デトックスダイエットに最適な水だといいます。
 
ミネラルウォーターの中でも、デトックスダイエットには、特にカルシウムイオンやマグネシウムイオンが多く含まれている軟水のものがおすすめです。
 
マグネシウムやカルシウムのイオンが含まれているお水は、体内の毒素を除去してくれる作用があります。
 
有害な金属を取り除くだけでなく、軟水のミネラルウォーターは、体に有益な作用もあるといいます。
 
デトックスを望む人には、軟水のミネラルウォーターは、肌をきれいにしたり、脂肪や炭水化物の消費を促すなどの利点があります。
 
ミネラルウォーターを使ったデトックスダイエットを行う場合、一日につき1500ミリリットルの軟水を取り入れるようにします。
 
気をつけたいこととして、一日に何度かに分けて水を飲むことが理想的です。
 
腎臓の働きに差し障りが出たり、お腹の痛みを誘発する可能性もあるので、コップ一杯の水を、9から10回くらいに分けて、飲むのが良いでしょう。
 
また水は、冷水ではなく、なるべく常温の水を摂取することも、ミネラルウォーターを上手に使う、デトックスダイエットのコツです。
 
水を飲むのに適した時間帯は、食事の前、朝起きた後、バスタイムの直後などになります。デトックスダイエットを成功させるため、水の特質を上手に利用してくださいね。
 
 
 
 

ダイエットになぜ運動が必要なのか?

ダイエットに、なぜ運動が必要なのか?
 
運動とダイエットには密接な関わりがあります。
 
ダイエットというと、まず食事を見直そうとする人もいます。
 
しかし、適度な運動は、ダイエットとは切っても切れない関係にあります。
 
運動は、ダイエットに、どのように影響するのでしょう。
 
それは、燃やすカロリーと、食事で得る「カロリーのつり合い」が、ダイエットの効果につながります。 
 

 

 消費カロリーを増やすためには、運動をしなければなりません。食事でカロリーを摂取しても、運動をして全て燃やし尽くしてしまえば、体脂肪として蓄積されたりはしません。
 
無酸素運動では糖質を、有酸素運動では脂質を使うという違いがあります。
 
新陳代謝の高い体質になるには、運動で筋肉をつけ、心肺の機能を向上させることです。
 
じっとしていてもカロリーを消費する体質になるためには、基礎代謝を高めていくことが最善の道です。
 
せっかく運動をしても、むくみ体質や、冷え性、骨格に歪みがあるとダイエットは滞りがちです。ダイエット効果の得やすい体質になるためには、ストレッチやエクササイズで体を矯正していくことです。
 
運動して筋肉が適度についてくると女性らしいメリハリがつき、美しいボディラインになります。運動に苦手意識があり、体を動かしたくないという人もいます。
 
けれども、普段の生活に運動を組み込むことによって、ダイエットはよりスムーズに進みます。
 
運動をしながらダイエットをすることで、体の負担の少ない体重の減らし方ができます。
 
 

ダイエットのために運動をしろと言われても・・・

体を動かすことが気が進まない人は、ダイエットのために運動をしろと言われても、なかなかその気にはなれません。
 
運動は気が進まないという人は、ウォーキングをしてみてはどうでしょう。
 
ウォーキングは、年齢や性別を問わず、軽い気持ちでできる有酸素運動です。
 
ウォーキングは、そのための設備や用具がなくてもできますので、運動をしたくない人でも簡単にできます。
 
ウォーキングは、足や腰をしっかりと動かすダイエット運動なので下半身痩せに効果があります。
 
付けて気持ち良いくらいのガードルやボディスーツを身につけるのもいいかも知れません。 
 

 

歩くことによって、血流がよくなりますので、むくみや冷え対策、体を温める効果もあります。
 
ウォーキングを続けることで、代謝が高まり、心肺の働きがよくなることから、ダイエットしやすい体質になります。
 
健康にいいダイエットができますし、外気を浴びての運動となりますので精神的なストレスの発散効果も期待できます。
 
体重を減少させる以上の魅力があることが、ウォーキングによるダイエットの魅力的なところです。
 
ウォーキングは戸外でするため、気温が極端な日や、天候がよくない日には不向きです。
 
天候が悪い日は、無理せずに自宅での踏み台昇降や、ストレッチなどの運動を行えば良いでしょう。
 
ウォーキングでダイエット効果を得るためには、20分~30分は運動を継続することが大事です。
 
背筋を伸ばし、歩幅を多めにとって、てきぱきと歩くようにしてください。
 
歩く速さは軽く息が弾むくらい、毎日同じ時間に続けることも効果を発揮します。
 
ウォーキングを利用するダイエットは、運動が苦手だという人でも、気楽に始めることができる優れた方法です。
 
 

 

 

 

 

食後の血糖値を抑え中性脂肪やコレステロールが気になる方へお勧めのグルコマンナン

グルコマンナンは、コンニャク芋から取れる水溶性の食物繊維です。

 

グルコマンナンと言えば、ダイエットのイメージがありますよね。^^

これはグルコマンナンが腸で水を吸って膨らむことで、便のかさが増して便秘を改善する効果が確かめられているからですね。

 

また、腸内細菌で分解されるとオリゴ糖ができ、オリゴ糖ビフィズス菌の餌(エサ)になって腸内環境を整えます。

 

食後に血糖値が上がるのを抑える効果、血中の中性脂肪コレステロール値を下げる効果などもあるので、血糖値やコレステロールが気になる方はグルコマンナンを試してみる価値はありそうですね。

 

ただし、コンニャク芋を精製して作るコンニャク粉にはグルコマンナンが含まれていますが、コンニャクにすると不溶性に変わるため、同じ効果は期待できないそうです。

 

海外ではサプリのように、コンニャク粉を詰めたカプセル剤も市販されています。(コンニャクマンナンともいいます。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グルコマンナン 575mg 180粒 NOW Foods(ナウフーズ)
価格:1208円(税込、送料別) (2018/3/3時点)


 

 

グルコマンナンは水の吸収性が高く、自身の重さのなんと200倍もの水分を吸収する性質を持つことがわかっており、ダイエットへの利用が進みました。

 

食べ過ぎが気になる方や、すっきりしない方にもオススメの成分です。

プロバイオティクスサプリメントとの併用も◎!

 

また食物繊維を摂取する際は、多めの水と同時に摂取して下さいネ!


◆飲み方

食品として1日1~6粒を目安に約240ml以上のお水などでお召し上がり下さい。
食品ですのでどのように召し上がっていただいても結構ですが、1回につき3粒の摂取をおすすめします。

※少量の水などで摂取した場合、喉や食道につまる可能性があります。
※目安量を超えての摂取はお避け下さい。

 

 

 ★おなかの調子を整える特定保健用食品

マスカット味で食べやすいクラッシュタイプも!


 

難消化性デキストリンが含まれているのでおなかの調子を整えます♪

食生活改善の補助食品として、また小腹のすいた時などに召し上がり、

ダイエットにもお役立てくださいネ。

 

食物繊維6.7g~7.0g配合(1食当り)

低カロリー(1食当り39~40kcaL)