ダイエットになぜ運動が必要なのか?

ダイエットに、なぜ運動が必要なのか?
 
運動とダイエットには密接な関わりがあります。
 
ダイエットというと、まず食事を見直そうとする人もいます。
 
しかし、適度な運動は、ダイエットとは切っても切れない関係にあります。
 
運動は、ダイエットに、どのように影響するのでしょう。
 
それは、燃やすカロリーと、食事で得る「カロリーのつり合い」が、ダイエットの効果につながります。 
 

 

 消費カロリーを増やすためには、運動をしなければなりません。食事でカロリーを摂取しても、運動をして全て燃やし尽くしてしまえば、体脂肪として蓄積されたりはしません。
 
無酸素運動では糖質を、有酸素運動では脂質を使うという違いがあります。
 
新陳代謝の高い体質になるには、運動で筋肉をつけ、心肺の機能を向上させることです。
 
じっとしていてもカロリーを消費する体質になるためには、基礎代謝を高めていくことが最善の道です。
 
せっかく運動をしても、むくみ体質や、冷え性、骨格に歪みがあるとダイエットは滞りがちです。ダイエット効果の得やすい体質になるためには、ストレッチやエクササイズで体を矯正していくことです。
 
運動して筋肉が適度についてくると女性らしいメリハリがつき、美しいボディラインになります。運動に苦手意識があり、体を動かしたくないという人もいます。
 
けれども、普段の生活に運動を組み込むことによって、ダイエットはよりスムーズに進みます。
 
運動をしながらダイエットをすることで、体の負担の少ない体重の減らし方ができます。