ビタミンDが注目されている理由

最近、非常に注目されている栄養素としてビタミンDが挙げられます。
 
従来、ビタミンDは骨の健康維持に役立つとされる程度で、どちらかと言えば地味な印象の栄養素でした。
 
しかし最近はこのほかにもいろいろと重要な働きをしていることがわかってきたのです。
 
まず、免疫力のアップです。 
 

 

 ビタミンDをしっかり摂るとインフルエンザにかかりにくいという実験データが出ています。
 
慈恵医大の浦島充佳准教授が行った調査によると、6歳から15歳の子供達、334人を二つのグループに訳、一つのグループにはビタミンDの錠剤を摂ってもらい、
 
もう一つのグループにはビタミンDがはいっていない錠剤(プラセボ)を飲んでもらったそうです。
 
その結果を比較したところ、ビタミンDを飲んだグループがインフルエンザを発病した率は10.8%で、飲んでいないグループ(18.6%)の約半分だったそうです。
 
また、ビタミンDはガンの発症リスクを下げる、アルツハイマーの予防、高血圧などの循環器疾患ほか、生活習慣病にも関連しているといわれています。
 
さらにはアレルギーの抑制効果もあるようです。
 
ビタミンDはこんなにマルチな活躍をしてくれていたのです。
 
ところが多くの日本人の場合、ビタミンDが足りていません。
 
日本人女性の3人に2人はビタミンD不足、4人一人は欠乏というデータもあります。
 
ビタミンDは皮膚にあたる紫外線の働きによって作られます。
 
ところが最近の日本の女性はシミを気にして、紫外線を避けるための化粧品や日傘を使うことが多いため、さらに日光が皮膚にあたる機会が減っています。
 
ですから、ある程度意識して日の光を浴びたり、ビタミンDを豊富に含む食品摂るように心掛けて頂きたいと思います。
 
サプリメントビタミンDを補給しても良いのですが、手のひらを日光にあてたり、しらすや鮭、干し椎茸を食べたりするのも手軽な法法です。